お料理NG集

お料理の失敗集です。 暇つぶしに笑ってもらえたら嬉しいです。

タグ:パン

何グラム

何グラム2


何グラム3
↑これらの続きです。


何グラム4
パンを作ろうと強力粉300グラムを量ろうとして、間違って3キロ量ってしまったときのことを描きました。

次こそは間違わないようにしようと意気込んでいた矢先、またやらかしました。
100グラムの薄力粉のはずが、1キロの薄力粉を量っていました。
ボウルにはどんどん薄力粉の山が出来るし、薄力粉の入っていた袋はすっからかんになってくるしで、なんかおかしいな~と、思い、もしかしてまた目盛り読み間違えてない?と気が付きました。

そのあとも、70グラムの砂糖を700グラム量ってしまったりと、目盛りの読み間違いがひどかったので、子ども心にこのままじゃ嫌だなあと思いました。
そして、どうにか失敗を回避したくて、計量カップや計量スプーンで材料を計量する方法を試してみました。

計量カップや計量スプーンでの計量方法は、こんなかんじです。
材料によって少々の差異は出てしまいますが、1カップ(200cc)=200グラム、小さじ(5cc)=5グラム、大さじ(15cc)=15グラムと考えて材料を量ります。
何杯入れたかを間違わないようにしないといけませんが、量り器を読むことが苦手な私にとってはこっちの方がラクでした。

そして、この計量方法だとカップや匙に材料をすくう度に、手でおおよその材料の重さが覚えられたり、目で○○グラムは見た目でこれぐらい、と目でおおよその重さの体積がわかるようになりました。

そうしているうちに、電子のキッチンスケールを使うようになったので、カップや匙での計量も少なくなりました。

色々試してみましたが、電子のキッチンスケールが一番ラク。


☆以下のURLにて、他の作品もご覧いただけます。


・ツイッター
https://twitter.com/ohanatoshisyuu

 

・pixiv
https://www.pixiv.net/member.php?id=1998358

 

 

・イラストAC

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=JQLrVDsK&area=1

 

・ピクスタ

 https://creator.pixta.jp/@prof876396

 

・ClubT

https://clubt.jp/sp/shop/S0000065399.html

 


何グラム3

300グラムの強力粉を量ろうとして、誤って3キロ量ろうとした時のことです。

300グラムの強力粉を量っていたはずなのに、1キロ入りの強力粉の袋が空になりかけて、やっとおかしなことをしていると気がつきました。

これ、気がつかなかったらどんなパンになってたんだろう…。
小麦粉だけ多かったらきっとすんごい固くて重いパンになりそうだし、大量の失敗パンが出来上がって食べきるのもしんどかっただろうなあ。


☆以下のURLにて、他の作品もご覧いただけます。


・ツイッター
https://twitter.com/ohanatoshisyuu

 

・pixiv
https://www.pixiv.net/member.php?id=1998358

 

 

・イラストAC

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=JQLrVDsK&area=1

 

・ピクスタ

 https://creator.pixta.jp/@prof876396

 

・ClubT

https://clubt.jp/sp/shop/S0000065399.html

 


何グラム2
300グラムの小麦粉を量っていたはずが、間違えて3キロの小麦粉を量ろうとしてしまいました。

ボウルに小麦粉を入れている時、なんでなかなか300グラムにならないんだろう~?おかしいな~?なんて思っていましたが、おかしいのは自分でした。

…多分、グラムとキロの目盛りを見間違えてただけ。(だけじゃない。)


☆以下のURLにて、他の作品もご覧いただけます。


・ツイッター
https://twitter.com/ohanatoshisyuu

 

・pixiv
https://www.pixiv.net/member.php?id=1998358

 

 

・イラストAC

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=JQLrVDsK&area=1

 

・ピクスタ

 https://creator.pixta.jp/@prof876396

 

・ClubT

https://clubt.jp/sp/shop/S0000065399.html

 

何グラム
今は電子のキッチンスケールを使っていますが、子どもの頃は家にあっアナログの、目盛りを読むタイプの量りを使っていました。

アナログの量りを使うときは、まず空のボウルを量りにのせて重さをはかり、ボウルの重さ+材料の重さを計算して計量していました。

なんてことはない足し算なのですが、数字にめちゃくちゃ弱い私はしょっちゅう計算ミスをしてクッキーがケーキみたいに柔らかくなったり、ホットケーキが膨らまなくてクレープみたいになったり、そんな失敗をよくしていました。

そして思い返してみれば、量りにはくるくるまわすつまみがありました。
空のボウルをのせて、つまみを調節すればボウルの重さを計算しなくても材料の計量ができたのではないかと思います。

今はもう電子タイプのキッチンスケールしか使わないけど、またアナログの量りを使わないといけない時が来るかもしれないので、つまみで調節できる(かも)と覚えておきたいです。


☆以下のURLにて、他の作品もご覧いただけます。


・ツイッター
https://twitter.com/ohanatoshisyuu

 

・pixiv
https://www.pixiv.net/member.php?id=1998358

 

 

・イラストAC

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=JQLrVDsK&area=1

 

・ピクスタ

 https://creator.pixta.jp/@prof876396

 

・ClubT

https://clubt.jp/sp/shop/S0000065399.html

 

↑このページのトップヘ