お料理NG集

お料理の失敗集です。 暇つぶしに笑ってもらえたら嬉しいです。

タグ:紅茶卵

紅茶たまご1

紅茶たまご2
↑これの続きです。



紅茶たまご3

紅茶たまご4

紅茶たまご写真
↑実物はこんな感じ。


寝ぼけて紅茶に割入れてしまった生卵は、茶こしでこして目玉焼きにしました。
茶こしでこしたら卵だけ救出できるかと思いましたが、白身が結構流れてしまってもったいなかったな…。

紅茶たまごは、子どもの頃はただ殻にひびを入れたゆで卵を紅茶に漬けただけの、味なしのものを作ってましたが、先日、味付きの紅茶たまごのレシピを見つけたので作ってみました。

本当は、ウーシャンフェンというスパイスを使うのですが、家にもよく行くスーパーにもなかったのでコショウで代用しました。
代用しましたが、これはこれで食べやすくておいしかったです。
今度は鷹の爪を入れた、ピリッと辛い紅茶たまごを作ってみたいです。

※紅茶は香りの弱いものがよくあうそうです。(もともとのレシピより)
…確かに、アールグレイとかフレーバーティーの香りがする卵って、あんまりおいしくなさそうです。


☆以下のURLにて、他の作品もご覧いただけます。


・ツイッター
https://twitter.com/ohanatoshisyuu

 

・pixiv
https://www.pixiv.net/member.php?id=1998358

 

 

・イラストAC

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=JQLrVDsK&area=1

 

・ピクスタ

 https://creator.pixta.jp/@prof876396

 

・ClubT

https://clubt.jp/sp/shop/S0000065399.html

 

紅茶たまご2
寝ぼけたまま目玉焼きを作ろうとしていたら、紅茶を入れたマグカップに卵を割ってました。

あったかい紅茶に生卵を入れても紅茶たまごにはならない…。

紅茶たまごは、ゆで卵の殻にひびを入れて紅茶に一晩漬けると出来上がります。
ひびに紅茶の色が入って、見た目が楽しいので子どもの時によく作っていました。
…ただ、味は本当にただのゆで卵。
めっちゃおいしい!と感動する味にはならないので次第に作らなくなりました。

紅茶じゃなくて醤油で漬け込んだほうがおいしいのでは?と思い、ネットでいろいろ調べてみると、紅茶を煮出す時に醤油や塩、スパイスを入れるレシピを発見しました。
レシピにはウーシャンフェン(五香粉…八角、丁香、肉桂、花椒、小茴香などからできたスパイス)を少々と書いてあったのですが家になかったのでコショウで代用して作りました。

すると、塩っ気が効いたおいしい紅茶たまごができました。
紅茶たまご写真

一晩漬けたので、紅茶の色が染まっていない白いところや黄身にも塩味が染み込んで、お酒のおつまみによさそうな味に仕上がってました。



☆以下のURLにて、他の作品もご覧いただけます。


・ツイッター
https://twitter.com/ohanatoshisyuu

 

・pixiv
https://www.pixiv.net/member.php?id=1998358

 

 

・イラストAC

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=JQLrVDsK&area=1

 

・ピクスタ

 https://creator.pixta.jp/@prof876396

 

・ClubT

https://clubt.jp/sp/shop/S0000065399.html

 


紅茶たまご1
紅茶たまご、一時期ハマってよく作ってました。

紅茶たまごは、見た目が恐竜の卵みたいな、ゆで卵です。人によっては大理石みたいに見えるから大理石たまご、とも言うそうです。

この漫画の時はただ、目玉焼きを作ろうとしていたはずなのですが…。


2/4に続きます。(2/4で紅茶たまごの簡単な作り方を描きます。)


☆以下のURLにて、他の作品もご覧いただけます。


・ツイッター
https://twitter.com/ohanatoshisyuu

 

・pixiv
https://www.pixiv.net/member.php?id=1998358

 

 

・イラストAC

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=JQLrVDsK&area=1

 

・ピクスタ

 https://creator.pixta.jp/@prof876396

 

・ClubT

https://clubt.jp/sp/shop/S0000065399.html

 

↑このページのトップヘ